発送ラベル作成方法

ebayシッピングツールが使えない!?送り状を発行する新ツールを紹介!

こんにちは、モトキです。

「ebayシッピングツールがサポート対象外になってしまったようです」

とはいえ

・サポート対象外って?
・代わりに何で発行すればいい?

という方も多いと思います。

そこでこの記事では、ebayシッピングツールの代わりに送り状(発送ラベル)を発行できる新ツールをebay輸出ビジネスのプロが紹介します。

具体的には

・ebayシッピングツールについて
・新ツールShip&coについて
・Ship&coの使い方

の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。

2分くらいで読めますし、簡単にサクッと送り状(発送ラベル)が発行できるようになりますので、まずはご一読を!

ebayシッピングツールが使えなくなった!?

2019年に入ってから、ebayシッピングツールで発行した追跡番号とebayサイトに反映されている追跡番号が全く違うという事象が発生していることが報告されています。

eBayジャパンに問い合わせたところ、シッピングツールのサポートが終了してしまったとの事です。(それならサイトを閉鎖してほしいですが…)

そこで、今回の記事ではebayシッピングツールの代わりに簡単に送り状(発送ラベル)を発行できる新しいツールを紹介します

送り状(発送ラベル)発行ツール Ship&co

Ship&coはワンクリックで送り状やインボイスを発行できる出荷管理システムです。

特徴的なのがebayだけに限らず国内外の多くのECサイトと連携できる事です。また配送業者も日本郵便以外にもDHLやFedex、その他国内の配送業者とも連携できます。

ebayの他にもECサイトを利用している方や複数の配送業者を利用する方にとっては、送り状の発行が一元化できるのでかなり便利なツールではないかと思います。

ただデメリットは費用がかかる事です。利用料金は従量課金制となっていて1件20円のコストがかかります。

試しに使ってみた感想ですが確かにワンクリックで発行できるのでかなり時短になりますが、発送数が多いとコストが大きくなります。

10件までは無料で送り状を発行できるので、一度お試ししてみるのもありだと思います。次の項目でShip&coの使い方を解説していますので参考にされてください。

送り状発行ツールShip&coの使い方

Ship&coに登録してログインをしてください。

請求先情報、荷送人情報、運送会社を登録します。運送会社は複数選択可能です。(例:日本郵便+DHL)

利用のショッピンシステムから注文情報を取り込みます。こちらも複数のショップを選択できます。(例:ebay+Shopify)

ebayを選択するとebayとShip&coのリンクを承認(Agree)するボタンが出てきます。

リンクが完了したのでオーダーリストが表示されました。他のショップもリンクをすればここに一覧で表示されるようになります。

送り状を印刷したい注文のボックスにチェックを入れます。

プルダウンから配送方法を選択します→一括発行

今回は2つのオーダーを一括発行しました。すでにラベルができて追跡もebayに反映されています。

送り状の内容品はebayのタイトルがそのまま記載されています。

リアルタイムで追跡番号が反映されていました。

また該当のオーダーの上でクリックすると詳細を入力することも可能です。

内容品種別、大きさ、補償額などの詳細を指定が可能。

まとめ

Ship&coを実際に使ってみた感想ですが、送り状の発行はかなり早かったです。商品タイトルや金額も自動で入力してくれるので発送種別を選択するだけでした。

ebayと独自ネットショップを運営している方もいらっしゃると思いますが、発送管理が複数サイトでも一元化できるのは魅力的です。

無料であればこのShip&coは完全におすすめできますが、1件20円のコストがかかるのでebayだけで運営されている方は他のツールの方が良いかもしれません。

モトキ
モトキ
何かご質問があればお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!




モトキebay輸出ブログの更新通知を受け取る

モトキのブログでは、ebay輸出ビジネスに関する様々なノウハウを発信しています。毎週水曜日に最新のブログ記事をお届けします。下記のフォームにEメールアドレスを入力してください。