ebay解析

【ebay輸出】売上が落ちた!?トラフィックを分析して原因を探る方法を解説

こんにちは、モトキです。

「突然売り上げが落ちると焦りますよね」

とはいえ、

モトキ
モトキ
・なんで売り上げが落ちたのか?
・どう対処したらいいか?

という方も多いと思います。

そこでこの記事ではそんなebay輸出で売上が落ちた時にするべき事を輸出ビジネスのプロが解説します。

具体的には
・売上が落ちた原因は?
・トラフィック解析の見方と改善ポイント
の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。

2分くらいで読めますし、売上がまたアップする可能性が高いので、まずはご一読を!

ebay売上が落ちる4つの原因とは?

ebay輸出をしていると突然に売上が落ちることがあります。「この状況がこのまま続いたらどうしよう?」など焦ってきますよね。そんな時はなぜ売上が落ちたかを分析して今後の対策に活かしていく事が大切です。ここでは売上が落ちる4つの大きな原因についてお伝えしますので、該当しているかを一度確認してみて下さい。

ebay自体の売上が落ちている

ebayでは11月から1月のホリデーシーズンが1年の中で一番売上がアップする時期です。ホリデーシーズンと比べるとそれ以外は売上が落ちやすい時期と言えます。

Seller Hubの下の方で過去1ヶ月の売上がわかります。You(自分)とMarket(ebay自体)の売上が同じように下がっていれば、売上が落ちやすい時期と言えるのでそこまで気にする必要はありません。

逆に下の画像のようにYou(自分)だけ売上が落ちているのであれば何か原因があると推測できます。

アカウントが「Below Standard」になっている

Seller Hubに「Seller level」が表示されてる項目があります。4つのRegion(地域)ごとにアカウントの状態がどのようになっているかがわかります。

ebayではバイヤーからのクレーム(ケースオープン)に対して適切に対応しなかった件数が一定数以上あった場合アカウントの状態が「Below Standard(標準以下)」となって検索のベストマッチランキングを極端に落とされます。Above Standard(標準)に戻るまではこの状態が続きます。

しばらく新規出品をしていない

ebayでは運営されていないアカウントは検索のベストマッチランキングを落されると言われています。特に新規出品を一定程度継続していないと上位表示されにくくなって売上が落ちる原因となります。

商品を重複して出品している

同一のアカウントで同じ商品を2つ以上出品するDuplicate listing(重複出品)を出品することはバイヤーが本当に探したいものを探しずらくする状態を作り出してしまいます。eBayはこれをなくすために重複出品をするセラーの単なる重複出品そのものだけではなく、そのセラーのすべての出品の検索のベストマッチランキングを落とし、検索に引っかかりにくくするペナルティを科しています。

ebayトラフィック解析の見方と改善ポイント

売上が落ちた時には何が原因なのかを特定して改善して行く事が重要です。そこでトラフィック解析を見ながら原因を推測して行きます。ここではトラフィック解析の見方と改善ポイントについて解説します。

Seller Hubにトラフィック(Traffic)を確認できる項目があります。

4つの指標がありますので、一つ一つ解説してきます。

① Listing impression on ebay

Listing impression on ebayは、出品している商品がebay上で表示された件数になります。ここが落ちてくると売上にも影響が出やすいです。前述した「売上が落ちる4つの原因」に該当していないようであれば、プロモーションリスティング(広告)でListing impressionを上げる事もできます。

② Click-through Rate

Click-through Rateは、eBayの検索結果に表示された回数から実際に出品ページにクリックされて飛んで来てくれた回数の割合にです。例えばebayで100回検索されたとして、その中で1回クリックされた場合は1%になります。

ここの割合が低い原因として考えられるのは「価格」「メイン画像」「タイトル」「トップレーテッドマークの有無」 です。ここを改善する事によってClick-through Rateの割合を上げる事ができます。

③ Listing page views

Listing page viewsは、あなたの出品ページが実際にクリックされて表示された回数になります。見込み客の数と言うことになります。

基本的には以下の計算式になるはずですが、実際には何故か②Click-through Rateが低く表示されています。

①Listing impression on ebay x ②Click-through Rate = ③Listing page views

④ Sales conversion rate

Sales conversion rateは、Listing page viewsからの購入割合です。見込み客が実際に購入した割合です。この数値が低い場合は自分の商品ページには訪れたものの、購入せずに離脱したと言うことです。この割合を改善するポイントは「画像」「説明文」「価格」です。

Transactions

Transactionsは取引の数になります。実際にその商品が購入された数になります。ここの数字が売上にも直接影響しますので、前述の4つの項目をチェックして改善しましょう。

まとめ

さて、長くなったのでまとめます。

まとめ

ebay売上が落ちる4つの原因とは?
1ebay自体の売上が落ちている
2アカウントが「Below Standard」になっている
3しばらく新規出品をしていない
4商品を重複して出品している

ebayトラフィック解析の見方と改善ポイント
① Listing impression on ebay
② Click-through Rate
③ Listing page views
④ Sales conversion rate

①〜④の結果がTransactionsになる

実は先月の僕のメインアカウントの売上がここ最近でかなり落ちてしまいました。理由として考えられるのが「外注さんの出品が少なかった」「カナダとイタリアを発送除外にした」「重複商品があった」でした。実際に改善した事は外注さんに出品を促して、重複商品を取り下げ、プロモーションリスティングに3000商品追加した事です。

売上が落ちた時はこのように原因を分析して対策をしてみて下さい。

モトキ
モトキ
もし売上が落ちて困っているなどがあれば、お気軽に相談下さい。何かアドバイスができると思います。




モトキebay輸出ブログの更新通知を受け取る

モトキのブログでは、ebay輸出ビジネスに関する様々なノウハウを発信しています。毎週水曜日に最新のブログ記事をお届けします。下記のフォームにEメールアドレスを入力してください。