ebay設定

【完全版】これが正解!ebay輸出の出品送料設定を解説!

こんにちは、モトキです。

「この設定をすれば販売機会を逃しません!」

送料設定ムツカシイヨ

そこで、この記事ではライバルと差がつく送料設定の方法についてebay輸出ビジネスのプロが紹介します。

具体的には

・送料設定のポイント
・shipping rate tableを使った送料設定
・発送除外国は設定しくてもOK

について重要なポイントだけをご紹介していきます。

この記事はそこまで長くないですし
この方法で送料設定をすれば最大限の販売機会を得ることができますので、まずはご一読を!

送料設定の基本的な考え方

はじめに

今回の送料設定では全てに追跡番号をつける方法で解説します。特に初心者が追跡番号をつけた方が良い理由として、トップ・レイテッド・セラー(TRS:Top Rated Sellers)の適用条件の一つに追跡番号のアップロード率が90%以上を維持が必要になるからです。また追跡番号をつけないと紛失のリスクも少なからずあるのでクレームやネガティブフィードバックを防止する観点からも追跡番号をつけて発送するのをオススメします。

もし薄利多売の販売で追跡番号をつけずに発送したい場合でも今回の方法を応用してもらえれば発送方法を設定できますので参考にしてください。(*追跡番号をつけるアカウントと、つけないアカウントを分けて管理する事をオススメします。)

送料設定オススメの区分

日本郵便の国際送料は重量によって変わります。ですから送料を設定するときの区分は重さで分けるのがオススメです。

今回は以下の4つに分類します。

・1-500g
・501-1000g
・1001g-2000g
・2001g-

大枠の考え方ですが、小型包装物(eパケット、eパケットライト、SAL書留)は2000gまでの荷物しか発送する事ができません。2001g以上の場合はEMSもしくは国際小包を使用します。(小型包装物は大きさの規定もあります。3辺合計90cmまで、なおかつ1辺の長さが60cmを超えないものです。)

送料無料(Free Shipping)で設定する

エコノミーシッピング(Economy shipping)は送料無料(Free Shipping)で設定をします。送料無料で設定をするとebayのSEOに有利になります。また商品一覧では【Free Intarnational Shipping】と表示されます。

発送方法の種類

ebayでは(economy、standard、expedited)この3つの発送方法を設定することができます。以下にそれぞれ日本郵便のどの発送方法を使用するのかをまとめました。

ebay 日本郵便
economy (到着までの目安:20日) eパケットライト、小型包装物SAL書留
standard (到着までの目安:10日) eパケット
expedited(到着までの目安:5日)  EMS(DHL、Fedex)

これらを踏まえて、以下の項目で具体的な送料設定について解説していきます。

機会損失しない完全な送料設定

送料設定はShipping Policyから

ebayの送料はビジネスポリシーの【Shipping Policy】から設定します。アメリカの送料設定の仕方はとても簡単なので以下のリンクから確認してください。今回は割愛します。

あわせて読みたい
かんたん!eBayビジネスポリシーの設定方法を解説!こんにちは、モトキです。 『ebayビジネスポリシーを設定しておくと出品作業がとても楽になります』 とはいえ、 ...

通常、アメリカ以外の送料設定では以下画像の【International shipping】から送料を設定をされる方が多いと思います。

International shippingでは細かい送料設定ができない

例えば、ドバイで有名なお金持ち国、アラブ首長国連邦(UAE)に追跡番号を付けて発送するとなるとEMSしか選択肢がありません。(eパケットでも発送はできますが相手国内では追跡ができません)

あわせて読みたい
国際スピード郵便【EMS】とは?eBay輸出で利用する発送方法を解説!こんにちは、モトキです。 eBay輸出でよく利用する発送方法に国際スピード郵便【EMS】があります。 国際郵便の中で到着が最...

【International shipping】からの送料設定方法ではアラブ首長国連邦のバイヤーにEMSのExpeditedだけを選択させることはできません。設定するとしたらEconomyもStandardもExpeditedも選択できるようにしかできません。

その場合、バイヤーがEconomyを選択されてもeパケットライトは対応していないし、eパケットにしたとしても相手国内で追跡ができません。(経験上、eパケットで発送しても高確率で日本に戻ってきます。)

そうなるとアラブ首長国連邦は発送除外国にするしかありません。これだと販売機会の損失が出てしまいます。

shipping rate tableを使えば解決

しかし、【Apply international shipping rate table】から送料設定をすれば上記の問題は解消されます。つまりアラブ首長国連邦のバイヤーにEMSのExpeditedだけを選択させる事ができるようになります。

それでは【Apply international shipping rate table】からの設定方法を解説していきます。

Shipping rate tablesを使った送料設定

ここでは1-500gの送料設定をしていきます。

まずInternational shipping下にある【Apply international shipping rate table】のボックスにチェックを入れます。ここにチェックを入れるとShipping rate tableで設定した内容が優先されます。そしてCreate rate tablesをクリックして設定をしていきます。

Shipping rate tablesを設定していきます。Table Nameは1-500gと入力しました。

そして、3つの発送方法を設定していきます。プラスマークをクリックします。

各地域の一覧が出てきますのでここから国を選択します。

↓↓↓↓

Economyの設定方法

エコノミーシッピングはeパケットライトSAL書留を使います。この2つの発送方法で追跡可能な国を選択していきます。

eパケットライト取り扱い国
SAL書留で追跡できる国

三角マークをクリックして該当の地域から国をチェックしていきます。

該当国全ての選択が終わったら右下のSsveを押して保存します。

Economyはこんな感じで国の選択ができました。Costの送料は0.00ドル(Free Shipping)にします。

送料無料(Free shipping)のEconomyを基準にしてStandard、Expeditedの送料を設定していきます。

Standardの設定方法

続いてのStandardのはeパケットを使います。eパケットが対応してる国を選択していきます。eパケットは航空便書留と同じです。

eパケット追跡できる国

上記の他に以下の国もeパケットで追跡可能です。

タイ インドネシア マレーシア
ロシア ノルウエー イタリア
スペイン ポルトガル ギリシャ

 

これらを元にEconomyの時と同じように国を選択していきます。

StandardのCostは5.00と10.00の2つを作成しました。第3地帯の南米、アフリカは他の地域と比べて高くなるからです。今回はこのように送料設定をしましたが、Standardの送料はeパケットライトとeパケットを比較してちょうど良い設定にしてみてください。

Expeditedの設定方法

最後のExpeditedはEMSを使用する方法でした。EMSで追跡可能な国を選択していきます。

Expeditedの送料は3つに分けました。

これもEMSの料金表をみながら送料を設定していきます。厳密に言うとEMSは4つの区分になるのでヨーロッパとアメリカは分けてもいいですね。

発送除外国は最低限にする

上記項目のように設定をするとアラブ首長国連邦のバイヤーはExpedited(EMS)のみ選択できるようになりました。

またEMSでも対応していないアフリカのザンビアという国のバイヤーが買おうとした場合でも「送料の設定がされてないからバイヤーへ確認してください」と表示が出ます。

対応してない国のバイヤーから連絡が来た場合はDHLやFedexなどの民間国際輸送会社を使って発送できる可能性が高いので別途送料を見積もりします。

このようにすれば発送除外国(Excluded Locations)を最低限に設定することができます。つまり発送可能な国を最大限にして販売機会を逃さないようにします。

↓今回の設定で発送除外国にした国↓

Excluded Locations: APO/FPO, Bahrain, Iraq, Kuwait, Oman, Yemen, Bolivia, Falkland Islands (Islas Malvinas), French Guiana, Guyana, Paraguay, Suriname, Venezuela, Afghanistan, Armenia, Azerbaijan Republic, Bangladesh, Georgia, Japan, Kazakhstan, Kyrgyzstan, Maldives, Sri Lanka, Tajikistan, Turkmenistan, Albania, Andorra, Belarus, Bosnia and Herzegovina, Bulgaria, Cyprus, Gibraltar, Guernsey, Jersey, Serbia, Svalbard and Jan Mayen, Vatican City State, Algeria, Antigua and Barbuda, Aruba, Bahamas, Belize, British Virgin Islands, Cayman Islands, Dominica, Dominican Republic, Grenada, Guadeloupe, Guatemala, Haiti, Honduras, Martinique, Montserrat, Netherlands Antilles, Nicaragua, Puerto Rico, Saint Kitts-Nevis, Saint Lucia, Saint Vincent and the Grenadines, Turks and Caicos Islands, Virgin Islands (U.S.), Bermuda, Saint Pierre and Miquelon, American Samoa, Cook Islands, French Polynesia, Kiribati, Marshall Islands, Micronesia, Nauru, New Caledonia, Niue, Palau, Solomon Islands, Tonga, Tuvalu, Vanuatu, Wallis and Futuna, Western Samoa

他の区分も同じ要領で送料を設定する

その他の重量区分でも上記と同じような要領でShipping policyから送料を設定をしていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?このShippng rate tableを使って送料設定をすれば、配送国に設定していないとの理由で販売機会を損失することはありません。ただ一方で詐欺が多い国もありますので高額商品の発送前に封をする時は動画で撮影してリターン詐欺にあっても証拠が残るようにしておいた方がいいですね。

モトキ
モトキ
送るのが不安な国があれば無理をしないで発送除外国に設定しましょう!
モトキebay輸出ブログの更新通知を受け取る

モトキのブログでは、ebay輸出ビジネスに関する様々なノウハウを発信しています。毎週水曜日に最新のブログ記事をお届けします。下記のフォームにEメールアドレスを入力してください。