ebay設定

かんたん!eBayビジネスポリシーの設定方法を解説!

こんにちは、モトキです。

『ebayビジネスポリシーを設定しておくと出品作業がとても楽になります』

とはいえ、

  • ビジネスポリシーってなに?
  • 送料の設定が難しい

という方も多いと思います。

そこでこの記事ではそんなビジネスポリシーの設定方法を、
ebay輸出ビジネスのプロが紹介します。

具体的には

  • ebayビジネスポリシーとは
  • 支払いとリターンポリシーの設定方法
  • シッピングポリシーの設定方法

の順番に重要なポイントだけをご紹介していきます。

動画も貼っておきますので参考にどうぞ。記事は最後にまとめておきますので、まずはご一読を!

ebayのビジネスポリシーとは?

ビジネスポリシー(Business policies)とは、出品に際して【支払、返品、送料】のルール設定のこと。

このビジネスポリシーを複数パターン作成しておけば、出品時には設定したビジネスポリシーを選択するだけでかんたんに出品ができます。

例えば、送料は商品の重量で変わってくるので

・1kgまで
・2kgまで
・2kg以上

このように3パターンのシッピングポリシーを作成しておけば、出品時に商品に合わせてポリシーを選ぶだけでいい。つまり出品毎に送料の設定をしなくても大丈夫ということです。

ebayビジネスポリシーを使えるようにする方法

↓↓をクリック
ebayビジネスポリシー

以下の画面に進みますので、Opt inをクリック。

続いて左下のTry nowをクリックします。

ビジネスポリシーの設定画面

ebayビジネスポリシー支払(Payment)設定

まずは、支払(Payment)ポリシーの設定方法から解説します。

Create PolicyからPaymentをクリックします。

  1. Policy nameはバイヤーには見られないので日本語でOK
  2. Electoronic Paymentにチェックを入れる
  3. PayPal登録のメールアドレスを入力
  4. Require Immediate paymetにチェックを入れる(即決形式の場合)
  5. 完了したら一番下のSaveをクリックして保存

補足:オークション形式でも出品する場合はPaymentポリシーは2種類作成しておく。即決用とオークション形式用①のPolicy nameでわかるようにしておくと便利。

ebayビジネスポリシー返品(Return)設定

続いて返品(Return)の設定方法です。商品到着後何日まで返品を受けるのか?返品送料はどっちが負担するのか?を設定します。

返品ルールは5つの中から選びます。

  1. 返品不可
  2. 30日のバイヤー負担の返品
  3. 30日の無料返品(返送料はセラー負担)
  4. 60日のバイヤー負担の返品
  5. 60日の無料返品(返送料はセラー負担)

返品送料をバイヤー負担にしたとしても、結局バイヤーから『送料を払ってくれ』と言われることが多いので最初から無料返品にした方がいいと僕は思います。ebayでは無料返品にすると検索上位に表示されやすくなるからです。

商品カテゴリーによっては14日以内の返品が利用可能
14日以内の返品が利用できるカテゴリーは以下の通りです。

Collectibles & Art
Cameras & Photo
Cell Phones & Smart Phones
Medical, Mobility & Disability Equipment

では、実際の返品(Return)ポリシー設定方法について解説します。

Create PolicyからReturnをクリック

  1. Policy nameはわかりやすい名前でOK
  2. 返品受け入れの期間を選択【14、30、60日】*基本は30日以上
  3. 返送費用の負担は購入者(Buyer)か販売者(Seller)を選択

これで返品(Return)ポリシーの設定は完了です。続いて今回一番重要な送料の設定について解説します。

ebayビジネスポリシー送料(Shipping)設定

最後に送料(Shipping)ポリシーの設定方法についてお伝えします。

ebayの発送方法は

  • エコノミーシッピング(economy shipping)
  • スタンダードシッピング(standard shipping)
  • エクスペディテッドシッピング(expedited shipping)

の3種類があります。

日本郵便の発送方法との関係
ebay 日本郵便
エコノミーシッピング
economy shipping
国際小包SAL、eパケットライト、SAL書留、
スタンダードシッピング
standard shipping
eパケット
エクスペディテッドシッピング
expedited shipping
EMS、DHL、Fedex

ebayシッピングポリシー(2kg以下の設定方法)

まずは2kg以下の商品を出品するときの設定方法です。

前提条件

・無在庫
・商品の重さは1.1kg
・商品価格は100ドル
・追跡番号は全て付ける
・第3地帯(アフリカ、南米)には発送しない

Create PolicyからShippingをクリック

アメリカの送料設定

  1. Policy nameはわかりやすい名前でOK
  2. Domestic shippingはアメリカ向けの送料設定欄
  3. ServiesからEconomy Shipping from outside USを選択
  4. Costの横にFree shippingのチェックを入れる
  5. Offer additional sarviceをクリックして送料設定を追加
  6. Standard Shipping from outside USを選択、Costを$5.00に設定
  7. Each additionalとは2個目以降購入した時の追加送料
  8. Expedited Shipping from outside USを選択、Costを$15.00に設定
  9. Handling time(発送までの日数)は10日か5日を設定

Free shipping(送料無料)設定はebayも推奨していますし、SEOにも有利と言われています。できればFree Shippingにしておきましょう!

なぜこのような設定をしたのか解説します。

まず、エコノミーシッピングはeパケットライトを基準にします。アメリカ(第2地帯)で1050gの送料は1590円です。エコノミーシッピングは送料無料なので価格の中にこの1590円も含めて利益がでるように設定しておきます。

続いてスタンダードシッピングはeパケットを基準にします。アメリカ(第2地帯)で1050gの送料は2255円です。エコノミーシッピング(eパケットライト)との差額は665円です。キリがいい数字でスタンダードシッピングは$5.00に設定しました。ここら辺はちょうどいい数字を調整して設定するといいでしょう。

続いてエクスペディテッドシッピングはEMSを基準にします。アメリカ(第2地帯)で1050gの送料は3300円です。スタンダードシッピング(eパケット)との差額は1045円です。エクスペディテッドシッピングは$15.00に設定しました。差額からすると少し多いですが、例えば2kgだった場合の差額は1435円になるのでちょうどいいと思います。

アメリカ以外の送料設定

基本的にはアメリカの設定の仕方と同じです。

ここで設定できる数は最大で5つまでとなっています。今回は以下のように5つに分類しました。

  • エコノミーシッピング1
  • スタンダードシッピング1
  • エクスペディテッドシッピング3

エコノミーシッピングとスタンダードシッピングは全ての地帯で同じ送料にしました。

エクスペディテッドシッピング(EMS)は地帯によって送料差額が大きくなるので以下の3つに分けました。

  1. アジア $10.00
  2. オーストラリアとカナダ $15.00
  3. ヨーロッパ $20.00

発送除外国の設定方法

上記画面の下、Exclude Shipping locations→Create exclusion listから設定します。

チェックを入れた国や地域が発送除外国となります。以下では南米、アフリカ、中米とカリブ地域を全てのほか、ヨーロッパのAlbaniaとAndorraを発送除外国にしました。設定が完了したら右下Applyをクリックして終了です。

APO/FPOはアメリカの軍事基地のことで基本的にEMSで送ることができません。このため発送除外国にします。

全ての設定が完了したらSaveをクリックして保存します。

まとめ

さて、長くなったのでまとめます。

まとめ

ビジネスポリシーは

・【支払】Payment
・【返品】Return
・【送料】Shipping

のルールを決めること

【支払】Paymentでは
・PayPalのメールアドレスを入力する

【返品】Returnでは
・30日(60日)、送料負担はSeller(販売者)がSEOに有利

【送料】Shippingでは
・重さに合わせていくつかパターンを作成すると便利
・Free Shippingはebay推奨でSEOに有利
・無在庫のハンドリングタイムは5日or10日にする

でしたね。

ビジネスポリシーの設定で重要なのは送料の設定です。重量に合わせていくつかパターンを作成しておくと便利です。動画でも解説していますので、ブログと合わせて参考にして理解を深めてください。慣れればかんたんです。





モトキebay輸出ブログの更新通知を受け取る

モトキのブログでは、ebay輸出ビジネスに関する様々なノウハウを発信しています。毎週水曜日に最新のブログ記事をお届けします。下記のフォームにEメールアドレスを入力してください。